English | Japanese

お問い合わせ

活動報告


『コンクリート工学年次大会2018(神戸) コンクリートテクノプラザ2018』に出展しました

 7月4日(水)から7月6日(金)にかけて神戸ファッションマートにて開催されました 『コンクリート工学年次大会2018(神戸) コンクリートテクノプラザ2018』弊社ブースへ多数ご来場いただき、 誠にありがとうございます。
おかげさまで盛況の中、無事に終了することができました。 社員一同、この場を借りまして御礼申し上げます。

■■ 最新の詳細調査・補修・補強技術に関する発表を行いました ■■


技術紹介セッションにおきまして、「最新の詳細調査・補修・補強技術」について紹介させていただきました。

  1.PCグラウトに関する調査と現状
  2.トモグラフィを用いた調査方法
  3.自己治癒材料の開発 【パワーグラウト】【パワーリペア-A0】【パワージオボンド】

 
 弊社の技術に関しましてご興味がございましたら、是非お問い合わせください。

■■ 弊社ブースへ多くの方がお立ち寄りくださいました ■■


今回、弊社ブースでは土木構造物の詳細調査手法、補修・補強工法に関する技術の紹介としまして、
自己治癒材料【パワーグラウト】【パワーリペア-A0】【パワージオボンド】のご紹介と、
PCグラウトに関する調査方法の一つである、インパクトエコー法による測定を実演いたしました。

1.調査・補修補強設計事例
2.PCグラウトに関する調査 インパクトエコー法 周波数応答性の概念(測定実演)
3.自己治癒無収縮グラウト材 【PowerGrout】(パワーグラウト)
4.自己治癒機能を有する
   油吸着型コンクリート断面修復材
【PowerRepair-A0】(パワーリペア-A0)
5.粉塵が少ない地盤固化材 【PowerGeobond】(パワージオボンド)
 
 弊社の技術に関しましてご興味がございましたら、是非お問い合わせください。



ページのトップへ戻る