English | Japanese

お問い合わせ

温度応力解析

温度応力解析

 マスコンクリート施工やコンクリート構造物の分割施工などでは、コンクリート硬化時の発熱による温度応力および形状特性(部材の拘束効果)により、ひび割れが発生します。この現象に対して、施工順序および方法を考慮し有限要素法(FEM)による3次元温度応力解析を行います。

CORE
床版解析モデル

CORE
温度解析結果




CONTENTS MENU

ページのトップへ戻る