CORE
English | Japanese

 

会社概要- 代表挨拶・経営理念 -


  • 代表挨拶

    コンクリート構造物は、社会基盤施設として市民社会を支えてきました。丈夫で長持ちするコンクリート構造物によってはじめて社会は健全な姿を保ってきたと言えます。コンクリートは建設材料の中でも最も多く使用されるようになり,その品質は人工の石材に例えられるように安定し、不変であると信じられてきました。しかし、これらのコンクリート構造物が、その原材料、施工、環境および供用条件等の要因により、必ずしもメンテナンスフリーではなくなってきました。このため、コンクリート構造物といえども、適切な維持管理なしにその寿命を全うすることは、難しくなってきています。これまでのスクラップ・アンド・ビルドと言った考えではなく、現在供用されているコンクリート構造物を効率的に維持管理し、当初設定した供用期間を超えて有効利用するかが重要となっています。時代は、ストック・アンド・リノベーションへと変化しており、持続可能なサスティナブルな社会が望まれています。

    このような時代の中で、私たちの使命は、コンクリート構造物に代表される社会基盤構造物に対して適切で有効な診断を行い、最適な解決策を提案することであります。また、サスティナブルな社会を実現するという目的をもって、私たちの培ってきた高度な技術力を活かすことにより、社会に貢献したいと考えています。社員一同“丈夫で,美しく,長持ち”するコンクリート構造物の実現に向けて日々技術の研鑽に励む所存です。

  • 経営理念

    ○ 我社は、社会貢献を第一義とし、世の中に最適な技術を提供する。

    ○ 社員は、皆の幸福のために協働し和をもって業務を遂行する。

    ○ 各人は、技術の研鑽に励み土木技術の核となることを目指す。